江東区北砂の内科・小児科・泌尿器科|生活習慣病・花粉症・前立腺疾患・ED

〒136-0073
東京都江東区北砂2-14-17 map
03-3644-6312

診療時間
HOME医院紹介院長紹介診療案内交通案内

クラミジア感染症

HOME»  診療案内»  泌尿器科

クラミジア感染症のQ&A


クラミジア感染症とは?
クラミジア・トラコマティスという病原体によって感染します。
日本でも約100万人が感染しているといわれ、世界で最も患者数の多い感染症といわれています。
どのくらいの割合で感染しますか?
クラミジア・トラクマティスという病原体によって感染します。男性より助成が多いのが特徴で15~29歳の一般助成では約15~20人に1人が感染していると推定されています。
クラミジアはどのように感染しますか?
性器や眼・口・のどなどの粘膜に感染しますが、最も多いのが性行為を通じて性器の粘膜に感染するケースです。またオーラルセックスで感染することも少なくありません。
クラミジア感染症の症状は?
男性の場合は尿道の痛みが主体になります。
女性の場合は約80%はほとんど無症状で経過します。自覚症状として膣の分泌物、排尿時や性交時の痛み、下肢部の鈍痛などがみられます。
放っておくとどうなりますか?
男性の場合は前立腺炎やまれには熱発などの全身症状が認められることもあります。またパートナーに二次的にうつしてしまいます。 女性の場合、20%程度の人は不妊症、5~10%程度の人は子宮外妊娠を起こすと報告されています。 またエイズに感染しやすくなるといわれています。
検査はどのように行いますか?
尿検査が中心です。当院は泌尿器科の専門医です。ご安心して受診ください。
治療はどのように行いますか?
抗生物質による治療が中心です。2週間程度服用することで通常完治することができます。また最近は1日の服用で高い治療効果がえられるタイプの抗生物質もあります。