江東区北砂の内科・小児科・泌尿器科|生活習慣病・花粉症・前立腺疾患・ED

〒136-0073
東京都江東区北砂2-14-17 map
03-3644-6312

診療時間
HOME医院紹介院長紹介診療案内交通案内

高血圧

HOME»  高血圧

高血圧とは?


高血圧

高血圧とは、安静時の血圧が慢性的に正常値を超えている状態のことです。具体的な数値でいうと最高血圧が140以上、最低血圧が90以上の場合に高血圧の疑いがあります。

高血圧といっても、いわゆる本態(ほんたい)性高血圧と腎臓の病気やホルモンの異常といった血圧上昇のメカニズムが分かっている二次性高血圧があります。およそ全体の9割を占めるのが本態性高血圧で、加齢や遺伝、食生活やの乱れや、運動不足、肥満などの要因が絡み合って生じていると考えられています。

自覚症状はほとんど現れないため、「サイレント・キラー」とも呼ばれます。症状がないからとそのまま放置しておくと、血管に負担がかかり、血管を傷つけたり柔軟性を失ったりすることで動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞など全身に関わる重大な病気を引き起こしてしまいます。

同じ環境で暮らす人が高血圧の場合は高血圧になる可能性が高いとされています。また、遺伝も関係していると言われていますので、血縁者に高血圧の人がいる方は注意が必要です。

 

 

高血圧の治療法


1.病院での通院治療

●降圧薬を服用することで上昇した血圧を下げる治療を行います。
しかし、高血圧そのものを根本から治療することにはなりません。
そのため、何よりも欠かせないのが食生活と運動を中心とした、生活習慣の改善です、
具体的には以下のようなものがあります。

 

2.生活習慣の改善

●塩分を控える
日本人が高血圧になる理由のひとつに、食塩摂取量の多さがあります。
日本高血圧学会は1日6g未満(なるべく一桁以下)を推奨しています。
自宅での食事に限らず、インスタント食品や加工食品の使用、外食の際も気をつけましょう。

野菜や果物を積極的に食べる
野菜や果物、豆類に多く含まれるカリウムや食物繊維は血圧を下げる作用があります。
煮たり、ゆでたりすると汁に栄養成分が出てしまうので、調理法の工夫もヒントになります。
(腎臓の悪い人は当てはまらないので、必ず主治医にご相談下さい。)


減量する
肥満と高血圧は密接な関係があります。
食事療法だけでは限界があるため、運動療法も同時に行うことが重要です!
標準体重まで減らさなくても血圧を下げる効果はあります。
まずは3~4kgを目標にしてみてください、1kgの減量で血圧は1~1.5は下がると言われています。

禁酒・禁煙をする
飲酒や喫煙が過剰な方は高血圧を引き起こします。
1日のアルコール摂取量は30ml以下にしましょう。(およそ日本酒で1合、ビール大ビン1本、ウイスキー2杯、ワイン2杯まで)
高血圧の方は、禁煙は必須です。

適度に運動をする
運動は血圧を下げる効果だけでなく、ストレス解消にも役立ちます。
有酸素運動としてウォーキングなどを毎日30分以上行うといいでしょう。
ただし、心臓に疾患を抱えている人の場合、体への負担もあるため、必ず事前に主治医にご相談下さい。

 

高血圧は一生治療を続けなくてはいけない?


高血圧の薬は、一生飲み続けなければいけないと考えがちです。
確かに血圧を下げる薬は根本的な解決にはなりませんが、服用をやめると元の高血圧の状態に戻ってしまいます。
日々の血圧を安定させることによって、脳卒中、心筋梗塞などのリスクを低下させておくことが最も大切です。
しかし、薬の服用と生活習慣の改善でしっかり血圧が下がっていることを確認できれば、医師との相談の上、薬の服用をやめることは可能です。定期的なチェックは必ず行いましょう。