江東区北砂の内科・小児科・泌尿器科|生活習慣病・花粉症・前立腺疾患・ED

〒136-0073
東京都江東区北砂2-14-17 map
03-3644-6312

診療時間
HOME医院紹介院長紹介診療案内交通案内

淋病

HOME»  淋病

淋病とは?


淋病

淋病とは淋菌という細菌による性感染症のことです。
性感染症の中でもっともポピュラーな疾患です。
菌を持つ人との性交やオーラルセックスによって、人から人へ直接感染します。
1回の危険な性交での感染率は、約30%と言われています。

免疫ができる感染症ではないため、一度感染しても再感染をする可能性があります。

 

 

淋病の種類や症状


症状がほとんどみられずそのまま放置され、パートナーにうつしてしまうことが多いので注意が必要です。
不妊の原因にもなるので、症状がなくても心当たりがある方は検査をしましょう。

 

男性の方のみ

●淋菌性尿道炎
感染後、潜伏期間(2~7日)に排尿痛や、尿道から膿を含んだ分泌物などが発生します。
悪化すると炎症が精巣まで進み、発熱、悪寒、激しい痛みが生じる「淋菌性精巣上体炎」が発生する場合があります。
淋菌性精巣上体炎は始め片側だけですが、治療しないと両側に発生し「無精子症」など男性の不妊を引き起こしかねません。

 

女性の方のみ

●淋菌性子宮頚管炎
おりものが発生することがありますが、一般的には症状がなかなか見られません。
悪化すると膣から子宮、卵管、骨盤内へと菌が進行して「骨盤内腹膜炎」が発生する場合があります。
骨盤内腹膜炎になると、発熱、急激な腹痛などの症状が起こる方もいますが、ここでも自覚症状がない方がいます。
しかし「不妊症」や「子宮外妊娠」の原因となることもある恐い病気です。

淋菌性結膜炎
女性が淋病にかかっていることに気付かずに出産すると、子宮頚管の淋菌が新生児に産道感染するおそれがあります。
生後1~3日で大量の目やに、腫れが生じます。成人で発症するケースはごく稀ですが、同様の症状が起こります。
成人でも新生児でも、悪化すれば「失明」の可能性があります。妊婦検診を受けて、治療をすることで母子感染は防げます。

 

男性&女性

●淋菌性咽頭炎
オーラルセックスによって咽頭に感染します。
不快感があることもありますが、症状はほとんどみられません。

●淋菌性直腸炎
肛門性交によって直腸に感染します。
肛門のかゆみや痛み、出血、腹痛がある方もいますが、症状はほとんどみられません。

 

淋病の検査・治療


尿検査または尿道、頚部、肛門、咽頭の粘膜から検体を採取して検査を行います。
現在は検尿のみの検査で検査判定ができますので、以前のように検査で疼痛を伴うことはなくなりました。
淋病と診断されたら、抗生物質の内服薬や注射薬によって治療を行います。
この時素早い治療(対応)が求められ、患者さん本人のみならず二次感染の拡大を抑えることが重要です。
一般的に治療期間は2~3週間を要し、また治療後、「治癒の確認」が必要になります。
最近では抗生物質が効かない耐性菌をもつ淋菌もあるので、治療後も再検査を行い、治療効果を判定していきます。
また、淋病と診断されたら、パートナーにも検査を受けるように薦めましょう。
詳しくは診療時にご相談下さい。

 

淋病の予防方法


●コンドームは最初から最後までつけておく
感染者との性交を避ける(素性のあいまいなパートナーの性交、性風俗での感染には特に注意が必要です!)