江東区北砂の内科・小児科・泌尿器科|生活習慣病・花粉症・前立腺疾患・ED

〒136-0073
東京都江東区北砂2-14-17 map
03-3644-6312

診療時間
HOME医院紹介院長紹介診療案内交通案内

前立腺疾患

HOME»  診療案内»  前立腺疾患

こんな症状でお悩みではないですか?

・尿が出なくなった
・頻尿(トイレが近い)
・夜中にトイレに起きる
・尿が出にくい
など、排尿の症状が気になる方はお早めにご来院下さい。

前立腺肥大症

前立腺肥大症は、50歳以降の男性に起こりやすく、年齢とともに前立腺組織が大きくなってしこり(結節)になり、頻尿あるいは尿が出にくくなるといった排尿の異常が起こります。前立腺の肥大は、中年以降ほとんどの男性に認められます。原因はアンドロゲン(男性ホルモン)の関与です。老年になってアンドロゲンの分泌が減ると前立腺は萎縮し、前立腺の内側にある尿道周囲域や移行域の性ホルモンのバランスが崩れるために、増大して大きくなり、前立腺肥大や結節の増大が起こると考えられます。
 
治療法について
 
前立腺肥大症の治療には、薬物治療や手術治療などがあります。
症状が軽い場合は、経過をみるか、尿道の圧迫を減らす薬(α遮断薬)を使います。必要に応じてホルモン剤や漢方を併用することもあります。
また、薬でコントロールがきかない場合や前立腺が大きくなり、尿を全部出せないで一部が膀胱に残ってしまったり(残尿)、出したいのに自分では出せなくなる(尿閉)こともあります。このような場合は、手術が必要と考えられます。
 

過活動膀胱(OAB)

過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」などの症状を示す病気です。最近の調査で、とても多くの方がこの病気で悩んでいらっしゃることがわかりました。
排尿に関係した症状などで日常生活に支障がある場合、まず医療機関を受診しましょう。


前立腺がん

前立腺がんは、前立腺肥大症とともに、中高年の男性において注意すべき前立腺の病気のひとつです。
前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響しているものと考えられています。
初期には自覚症状がほとんどないため、発見が遅れることがあります。早期に発見し、適切な治療を行うことが大切になります。定期的に検査を受けることをお勧めします。